functions.php等、修正ミスで壊したファイルを簡単に復旧する方法

[WordPress] functions.php等、修正ミスで壊したファイルを簡単に復旧する方法

※ 当サイトは広告を含みます。

functions.phpはWordPressテーマの最重要ファイルの1つで、誤った記述をするとサイトが死にます。
それもあって殆どのサイトで気軽に触るなとか、修正するなとか書かれてます。

でもでも、現実問題としてfunctions.phpを触らないとサイトって改造できなくないですか?
泣く泣くプラグインで妥協したり子テーマの小技を使うなら、心決めてファイル触ったほうが良いですよ。

管理人

そんなfunctions.phpをやっちまった時の対処法です。なお、後半はエックスサーバーの機能を使います。

[] 安全にfunctions.phpをカスタマイズする方法以下の記事の方法と組み合わせると、より安全に改造できるようになります。

functions.phpを修正する判断

サイトを改造する他の方法にはプラグインや子テーマがありますが、これは限界があります。
と言うか、細かい改造とかまず不可能です。後はプラグインも駄目なときはサイト死にます。

特にプラグインに関しては、テーマとの干渉が起こる可能性と更新管理が手間なので少ないほうが絶対に良いです。
そうなるとfunctions.php(と言うかテーマ全部)を触る術を身に付けるのがベストな選択だと思いませんか?

管理人

プラグインで無理だったのに直接改造したら案外楽ってこともあるよ。

壊れても問題ない

まるでfunctions.phpでミスるとサイトが永遠に死ぬみたいに表現する人もいますが、そんなことはありません。
普通に復旧できます。それでも管理画面も真っ白になるから解決方法を知ってないと詰みますが。

りさ

時々、このサイトも真っ白だもんね。

管理人

この世は破壊と再生。より良くするために破壊はやむなし。

復旧方法

復旧方法は単純で、修正ミスで壊したファイルを別の方法で元に戻します。
一般的な方法だとFTPツールを使ってサーバーのファイルを上書きします。

でも、それって結構めんどくさいです。と言うか、この時点でエンジニア系しか話に付いてこれないと思います。
そんなこともあり、オススメの方法はサーバーの機能を使います。まともなサーバーならWeb経由でファイル操作できます。

管理人

僕が使ってるエックスサーバーには機能があります。正直、この程度の機能もないならサーバー乗り換えたほうが良いと思う。
https://www.xserver.ne.jp/?referral_token=1532349863649fbf122937b (このリンクを経由すると値引きされます。)

ちなみに優秀(?)なサーバーならBackup機能が付いていて、「ファイル戻せねぇ... 世界の終わりだ...」って状態でも復旧できます。
まぁ、復元に時間掛かるからスーパーやりたくないけど。それでも仕方ない時の最終手段ですね。

ファイルマネージャにアクセスする

エックスサーバーのサーバーパネルからファイルマネージャに繋ぎます。
具体的には以下の方法でファイルマネージャにアクセスできます。

STEP
エックスサーバーにログインする。
STEP
サーバーパネルのファイルマネージャを選択する。
サーバーパネル
STEP
ファイルマネージャが開く。
ファイルマネージャ

こんな画面が出てくればOKです。申し訳ないけどセキュリティの都合で表示されるファイルを隠してます。
後はWindowでフォルダを触るのと同じ感覚で、表示されてるフォルダを辿れば目的のファイルが見つかります。

テーマファイルの場所

普通はテーマファイルを改造してアップロードしてると思います。そんなテーマファイルの場所はここです。
1番上は自身のドメイン名です。後、テーマによっては識別名(一般名称)と内部名称が違う場合があります。

テーマ

たぶん、普通にインストールしたら以下です。テーマの中身もアップロードしたファイル群(zip)と同じです。


{ドメイン名}/public_html/wp-content/themes/{テーマ名}

ファイルを修復する

目的のファイルを見つけたら編集またはアップロードの機能を選択してファイルを正しい状態に修正します。
軽微な修正なら編集を選択して直接ファイルの内容を直したほうが楽ですが、手元からファイルをアップロードしてもOKです。

ファイルマネージャ
管理人

義務教育で習ってると思いますがファイルのBackupは必須です。対象ファイルが分かっても修正内容が不明だと詰みです。

りさ

義務教育では習わないよ。

動作確認

修正したファイルの内容に問題がなければサイトが復旧します。まだ真っ白なら残念ながら直ってません。
必死に改造内容を思い出してください。こういう場合に備えて動く状態のファイル群をフルセット保存しておくと良いですよ。

管理人

さっきの画面のダウンロードって機能を使えば現在のファイルを入手することができます。

あとがき

僕が紹介する方法はfunctions.phpを修正する方法がメインなので、壊した場合の対処を先に書いてみました。
やっちまったって人は参考にしてください。結論はファイルを元に戻すこと、エックスサーバーじゃなくても作業は同じです。

管理人

これでサイトが壊れたとか文句言われても大丈夫だな。

りさ

そんなコメントが届いたらマスターがキレないか心配だよ。

管理人

はっ? キレるに決まってんだろ。改造は自己責任だぞ。その程度の覚悟ならブログ引退しろ。

りさ

...

◆ Xserverを最安で契約できる方法はこちら

この記事は参考になりましたか?

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。