Google Analyticsで自分自身のアクセス数を除外する方法

[WordPress] Google Analyticsで自分自身のアクセス数を除外する方法

※ 当サイトは広告を含みます。

Google Analyticsで自分自身のアクセス数を除外する方法です。
なお、プラグインは使わずにfunctions.phpを改造します。

◆ 安全にfunctions.phpをカスタマイズする方法
functions.phpの修正に不安がある人は以下を参考にしてください。

コードを追加する

functions.phpとかに以下のコードを追加します。


if ( !current_user_can('administrator') ) {
  add_action( 'wp_head', function() {
    $code = <<< EOF
    <!-- ここにGoogle Analytics用のスクリプトを書く -->
    EOF;

    echo $code;
  } );
}

Google Analytics用のスクリプトは自分のアカウントから入手してください。
スクリプトをコピペすると、こんな感じのコードになると思います。


if ( !current_user_can('administrator') ) {
  add_action( 'wp_head', function() {
    $code = <<< EOF
    <!-- Google tag (gtag.js) -->
    <script async src="********"></script>
    <script>
      window.dataLayer = window.dataLayer || [];
      function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
      gtag('js', new Date());
      gtag('config', '********');
    </script>
    EOF;

    echo $code;
  } );
}

仕組み

WordPressにログインしてる時の管理者情報でコード追加の有無を判断してるだけです。
管理者に関係なくログイン状態だけで判断したい場合はis_user_logged_in()を使います。

つまり、自分自身=管理者ログイン中となります。なので、ログインせずにサイトを閲覧するとアクセス数は増えます。
ただ、便利な部分もあり、Chromeのシークレットモードを使うと簡単に管理者視点とユーザー視点の閲覧を切り替えできます。

あとがき

Google Analytics側で対象IPアドレスを除外する方法がありますが、この方法は固定IPを持ってる人が対象です。
定期的にIP設定を更新するのも正気か?って思うので、心決めてfunctions.php触るかプラグインを使いましょう。

この記事は参考になりましたか?

👆このブログを支援する

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。